思うように勃たない、途中で萎えてしまう、硬さが衰えた―― こんな経験はありませんか? また、こういった悩みを「いつかよくなる」「今は仕事が忙しいから…」と我慢したり、 「年齢によるものだから仕方ない…」と諦めていませんか?  

自分ひとりだけが悩んでいると、孤独を感じていませんか?

  実はこういった「男の性の悩み」は、多くの人が抱えています。   また最近では、パートナーが勃たないことについて女性が知恵袋などで助言を求めたり、 男性向けサプリメントをパートナーにプレゼントするといったケースが増えています。 男性の性の悩みについて、女性の関心も高まっているのです。   勃たないこと・萎んでしまうこと・維持できないことは最早、男性だけの問題ではなくなっています。  

でも・・・

  こんな悩みは、恥ずかしさや情けなさに苛まれますよね。 人に相談したり、専門の病院に行くというのにすごく抵抗があります。 悩んでいた頃の私もそうでした。   私は28歳のときに頻繁に中折れすることを自覚しました。 「まだ20代なのに…」「まさか…」とひとり不安と戦う毎日でした。 あとから知ったことですが、40代や50代の方では「年齢のせいだから仕方ない」と諦めてしまう方も多いそうです。   でも最近では手軽に使えて有効な作用を持つサプリメントも増え、悩みを解決するための敷居はぐっと下がっています。   病院に行かなくても、 副作用が気になる薬を使わなくても、 自分ひとりだけでも、 なんとかできる可能性があります。 少し手を伸ばせば、自信を取り戻すチャンスが掴めます。  

何もせずに諦めるなんてもったいないです。

  「男の自信」(以下当サイト)は、かつての私と同じような悩みを持っている方を、少しでも手助けできるようにと立ち上げました。 私の経験と身につけた知識をフルに使って執筆・・・もとい、タイピングしています。笑 このページでは上から読み進めていくだけで、男性特有の性の悩みについて、原因から解決策まで順序よく知ることができるようになっています。 このページだけで必要な知識はすべて身につくようになっていますが、それぞれの項目に設置してあるリンクから、当サイト内のより詳しく解説しているページに飛べるようになっています。 また、リンク先を開く際に「どこまで読んだか分からなくなった」とならないよう、新しいタブで開きます。 なお、このページには当サイト内のページへのリンクしか設置していません。「クリックしたら急に通販サイトや商品ページに飛ばされた」といったことは一切ありませんので、安心してご利用ください。

↓手っ取り早く知りたい方はこちら↓

まずはじめに知ってほしいこと

勃起に関する不調のことをまとめて「ED(勃起不全)」と言います。似た言葉に「インポテンツ」があり、少し前までは一般的に使われていたので、こちらの方がイメージしやすい方も多いかもしれません。 正確にはインポテンツは「性機能障害」に相当する症状のことで、勃起機能に限定されているEDとは少しだけ意味が違ってきます。また、インポは侮蔑的な印象を与えてしまうこともあり、EDが使われるようになりました。 詳しく覚える必要もあまりないので、「最近はEDと呼ぶようになった」くらいの認識で大丈夫です。

EDって何?EDによくある誤解

EDやインポテンツというと「全く勃たない状態のこと」を想像される方が多いのですが、実は勃起機能に関する不調はまとめてEDと呼ばれます。 例えばセックスや自慰をしている最中に萎(しぼ)んでしまう、勃起するのに時間がかかってしまう、勃起しているはずなのにあまり硬くならない、興奮しているのに勃たないetc...の状態もすべてEDとされています。

EDの症状は様々

勃起機能の不調はまとめてEDと呼ばれると言いましたが、主に以下のような症状があります。

  • セックスや自慰中に萎んでしまう(中折れ)
  • 勃起してもあまり硬くならない(硬度不足)
  • 勃起するのに時間がかかる(勃起困難)
  • 全く勃起しない(勃起不全)

中折れは経験のある方も多いのではないでしょうか。 中折れや硬度不足は、本人としては「勃っている」ため自覚がないこともあります。 パートナーの中折れに気づいているものの、なかなか言い出せない女性側が悩んでしまうケースも多いようです。

EDの種類と大まかな原因

ここではEDの大まかな種類と、それぞれの原因について簡単にご説明します。

EDの大まかな原因

大きく分けて以下の原因が考えられます。

精神的ショックやストレスが原因で満足に勃起できない  何らかの心理的な要因によって見られます血の流れが悪くなり、勃起時にペニスに血がうまく流れない  偏った食生活や過度の飲酒、喫煙などによるもの体内の男性ホルモンが減少し、勃起する力が弱まっている  加齢とストレスなどで起こる男性の更年期障害薬の副作用によって、男性ホルモンが減少している  薬の副作用によるもの

それぞれ機能性(心因性)勃起障害、器質性勃起障害、混合性勃起障害、薬剤性勃起障害という名前がついていますが、覚える必要はありません。 心理的なもの、体調によるもの、その両方のもの、薬の副作用によるもの、程度の認識で大丈夫です。

薬の副作用によるEDについては、薬の服用をやめなければどうにもできないので当サイトでは取り扱いません。薬を処方している医師にご相談ください。

実は加齢だけでEDになることは考えづらい

歳をとれば、老化によって勃起に支障をきたすようになるというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 確かに男性ホルモンの重要な成分「テストステロン」は30歳から減少をはじめ、それによって男性の更年期障害と呼ばれる体の不調が起こると言われています。 しかしテストステロンは30歳以降になっても年に1-2%程度ずつしか減らないことが分かっていて、40代前半ぐらいまでの男性では加齢だけが原因でEDとなることは実は考えづらいのです。

心理的要因が悪影響を与えていることも多い

男性が勃起するというのは、単純なように見えて非常に複雑な働きをしています。神経、血流、男性ホルモンなど、体の様々な要素がしっかりと機能していないと力強い勃起はできません。 勃起機能に異常がないのに勃起できなかったり、男性ホルモンが十分なはずの10代や20代でEDの症状が見られる場合、精神的なショックや過度のストレスなどが直接の原因となっていることが多いです。 またストレスなど心理的要因はテストステロンの減少に拍車をかけることがあり、本来は更年期障害には少し早い30代~40代でも体の不調が起こることがあります。 心理的要因は年齢を問わずEDを引き起こす可能性があります。自分の周囲の環境を変えるのはなかなか難しいものですが、リラックスを心がけることが大切です。

食生活や生活習慣も重要

男性は性的な刺激(興奮)を受けると、体内で一酸化窒素(NO)を発生させます。この一酸化窒素には血管を広げる効果があり、これによってペニスに血液が流れやすい環境を作ります。 このときに血液の流れが悪いとペニスに血がうまく流れず、勃つまでに時間がかかる・中折れする・勃たないといったことが起こります。いわゆる血流障害で、EDの大半はこの血流障害が原因です。 血液の流れ(血管の状態)は食生活などの生活習慣の影響が大きく、EDは生活習慣の乱れによって現れた、下半身の血管の機能障害と言えます。血流障害は、血液のドロドロ化や血管の壁が硬くなる「動脈硬化」などによって起こりますが、いずれの場合でも、放置していると心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの原因にもなります。

自然に治るのは難しい

EDは男性ホルモンの低下や血行不良が原因となっていることが多く、一度なってしまうと残念ながら自然に治ることはあまり期待できません。 ですが何も病院に行ってよく分からない治療の必要があるとか、そういったことではありません。 これからいくつかのEDの改善方法を紹介していきます。中にはペニスに注射する治療法(想像するだけで嫌ですよね…苦笑)もありますが、基本的に「飲むだけ」でなんとかできることがほとんどです。 怖いことや痛いことは何もないので、安心してご自身に合った改善方法を見つけてください。

年齢別に見るEDの原因と改善方法

EDの原因として可能性の高いものを年齢別にまとめています。意識すべきことや注意すべき点なども一緒に掲載しています。 生活環境なども様々ですので一概に言うことはできませんが、ご自身に合った解決策を見つける参考していただければ幸いです。 ↓年齢ごとの項目へスクロールできます↓

20代以下の勃たない・中折れの原因

女性経験が浅い場合などで緊張しすぎているのが原因な場合と、慢性的なストレスや何らかの精神的ショックによってEDとなっている場合の2つのケースが考えられます。どちらにしても心理的な影響が大きい可能性が高いです。 私も中折れが頻繁に見られるようになったのが28歳でした。私の場合は精神的に参っていたことや、病気による闘病生活の疲れが原因だったのですが、ギリギリとは言えまだ20代だったこともあって、更に追いつめられた気持ちになりました。 そういった心理的要因に心当たりがある方はとにかくリラックスし、気持ちや気分を上向きにすることが大切です。 自分の周りの環境を変えるというのはなかなか難しいことですが、ストレスは心身ともに様々な悪影響を及ぼすことも多く、負のスパイラルに陥ってしまうこともあります。 また、彼女や奥様がいらっしゃる場合は、セックスができていないことへのフォローが非常に大切です。 多くの場合でパートナーも同年代かと思いますが、若い女性は肌を重ねることで愛情を感じる方も多いため、長い間そういった雰囲気がなければ不安にさせてしまったり、浮気や亀裂の原因となってしまうこともあります。 ときには思い切って相談したり、頼ることも大切です。

10代~20代のEDに最適な解決策

私の場合は20代後半というのもありましたし、身体的な疲れも出ていたので精力剤を使いました。精力剤とは性機能増強に使えるサプリメントです。 専門の病院に行ったり薬局で相談するのが恥ずかしくて抵抗があり、でも諦めるのも嫌だったので、とにかく毎日ひとりでネットで調べ、通販で買いました。 結果的に初めて買った精力剤を2ヶ月ほど使ったところで持ち直すことができたので、私の場合は精力剤が合っていたようです。

ただ一般的に10代~20代では男性ホルモンの量は十分なことが多いので、薬やサプリメントでどうこうというよりは、やはり精神的なリラックスが大切だと思います。症状が重い場合には、勇気を出して専門の病院で診てもらうことも考えてみてください。 どうしても勃たせることで少しでも自信を取り戻したい場合は、これも専門の病院に行く必要はありますが、ED治療薬もいいかもしれません。バイアグラなどの薬のことで、一時的ではあるものの高い効果が得られます。「勃つ」という感覚を思い出すことで、前向きになるキッカケにできるかもしれません。

↓該当項目までスクロールします↓

 

30代で勃たない・中折れの原因

一般的にも朝立ちなどはなくなってくる年齢です。男性ホルモン(テストステロン)は減少を始めるものの、本来であればそれほど影響が出ないはずの年齢です。 30代でEDの症状が見られる場合は、精神的な要因によるものか血流障害によるもの、どちらかの可能性が高いと思います。 私は28歳で大病を患ったショックと闘病生活のストレスで、まだ20代だったものの一気に老けた感覚がありました。中折れを自覚したのもそのときです。私と同じように病気によるものや、仕事や家庭でのストレスを抱えている方も多くいらっしゃいます。プライベートでは出来るだけリラックスできるような生活が大切です。 普段から食生活が偏っていたり生活リズムが不規則になりがちな方は、そういった生活週間の乱れが体の不調となって現れやすい年齢でもあります。この年齢で生活習慣の乱れによってEDとなっている場合は、放置すれば重大な病気に繋がってしまう可能性も高いです。食生活の見直しや定期的な有酸素運動を取り入れるなど、健康的な生活を意識することが大切です。 また、妊活や子作りのために頑張りたいという方も多い年齢ですが、「排卵日だから」という理由のセックスは長く続くと、意識のしすぎや義務感からうまく勃起できなくなることがあります。こういった状態は「排卵日ED」と呼ばれ、最近増えているようです。

30代のEDに最適な解決策

いずれの場合でも精力剤がおすすめです。精力剤は血流改善が期待できるアルギニンや、精子の運動性を高める効果がある亜鉛など、様々な成分・素材が使われています。病院に行かなくても通販などで手軽に買えますし、薬ではないため副作用がないので、子作りを考えている方でも安心して使えます。疲れがとれないことに悩んでいる方にもおすすめです。最近では男性向けの妊活サプリなども販売されているようです。 生活習慣の乱れに自覚のある方は、精力剤で体内のバランスを整えつつ、生活習慣を見直してみることも大切です。有酸素運動は血液の流れを良くしてくれますので、定期的な運動習慣は是非取り入れたいところです。

排卵日EDの可能性のある方は趣味などで頭の中をリフレッシュし、義務感から解放されることが大切です。奥様に「排卵日だから」という "おねだり" をされるのが辛く感じる方は、素直に打ち明けることも考えてみてください。 排卵日EDは長くなるほど余計に勃起できなくなるので、少し作業的な言い回しになってしまいますが、ED治療薬で手早く済ませてしまうのも手です。ED治療薬も精子や胎児に影響を与えないと言われているので、安心して使えます。

↓該当項目までスクロールします↓

 

40代で勃たない・中折れの原因

30代までと比べ、40代からは一気にEDの割合が増加すると言われています。特に40代後半ともなると、更年期障害を自覚する方も非常に多いです。仕事や家庭、病気などによるこれまでのストレスや生活習慣の乱れが "膿" となって身体に出てきやすい年齢で、ED以外にも体調を崩したり大病を患う方が多いです。 男性の更年期障害には無気力感、不安感、イライラなどの精神的な症状もあります。 30代までは心理的要因からEDになることが多いですが、40代からは更年期障害によって心理的な悪影響を受けるようになり、原因と結果が逆転する時期です。 また、女性の更年期障害も40代から悩まされる方が多く、女性の更年期障害は男性のそれよりも症状が出る方が多く、心身共にストレスや疲れを感じる方が多いので、奥様へのケアも大切です。 ちなみに、これは私が販売員として働いていた職場の上司の話ですが、その方は「エロへの関心と業績は比例する」と言っていました。当時はなんのこっちゃと思っていたのですが、テストステロンが多いと男らしくかつ精力的に活動できるということからも、あながち的外れという話ではなかったのかもしれないと、最近になって納得しています。 暴論にも思えるかもしれませんが、EDを諦めずにしっかりと自分の身体と向き合うことで、ED以外のことがらも良い方向に転がるということもあるのではないでしょうか。

40代のEDに最適な解決策

ストレス、血流障害、男性ホルモンの低下、病気など様々な要因があり原因の切り分けが難しいですが、どんな場合でも万能に使えるのは精力剤です。 健康食品なので副作用なし、病院の必要なし、通販メインなので誰かと話す必要なしと、手軽かつ気軽に使えます。最近ではプライバシーに配慮してくれるメーカーが増えているので、家族に知られずに使いたいという方にも安心です。 血の流れを良くする効果のあるアルギニンが使われたものがおすすめです。血の流れが良くなると疲れがとれやすくなったり、生活習慣病の予防にもなったりと嬉しいことがたくさんあります。性欲自体あまり沸かなくなってきたという方は、亜鉛が入っているものがいいでしょう。精力剤はお酒と一緒に飲んでも大丈夫ですが、ほどほどにしてくださいね。

女性のセックス拒否やマンネリ化からセックスレスとなる夫婦が多くなってくる年齢ですが、そういった方には「スローセックス」がおすすめです。スローセックスとは射精を目的としない、「肌を重ねる時間を楽しむセックス」です。 EDでもできるスタイルのセックスですし、精神的な快楽を求める傾向にある女性がスローセックスによって積極的になり、気分の高揚からスローセックス中に勃起できてしまうことも意外とあるものです。

↓該当項目までスクロールします↓

 

50代で勃たない・中折れの原因

30代から減少し続けた男性ホルモン(テストステロン)が身体の不調となって現れる方が多い年齢です。このテストステロンの低下によって引き起こされるEDを含む身体の不調は、男性の更年期障害と呼ばれます。 更年期障害というと女性のイメージが強いですが、男性の更年期障害にもEDのほか性欲減退、無気力感、不安感、頭が重い、イライラ、発汗など精神的・身体的に関わらず思いがけないところにまで影響を及ぼします。 50代では4人に1人が中等度以上のEDだと言われています。 年齢によるものだからと諦めてしまう方も多くいらっしゃるのですが、実際には70歳でも20代と変わらないほどの活力に溢れ、精力的に活動している方も多くいらっしゃいますので、諦めてしまうのはもったいないです。 また、40代まではED対策を目的に精力剤を使う方が多いのですが、50代からは健康維持を目的に精力剤などのサプリメントを使われる方も増えます。それまでの経験や将来のことを考え、健康への関心が高くなる方が多いのだと考えられます。

50代で勃たないときの解決策

副作用の心配がなく、使用に制限がない精力剤がおすすめです。血の流れをよくしたり疲労回復に良い成分が使われているものが多く、大半が副作用のない健康食品のため、ED対策に関心がない方でも身体の健康維持を目的に使われている方が多くいらっしゃいます。 精力剤ごとに使われている素材が違うので、いろんな種類の中から自分に合ったものが選べるのも魅力です。

また、睡眠時間が短くなってくる方も多いのですが、男性ホルモンは主に眠っている間に分泌されるので、質の良い十分な時間の睡眠を心がけることも大切です。 重度のEDの方でとにかく「勃つ実感が欲しい」ということであれば、即効性のあるバイアグラなどのED治療薬も視野に入ります。しかしED治療薬は持病や服用薬によっては使えないこともあり、健康維持には一切効果がないので注意が必要です

↓該当項目までスクロールします↓

 

60代以降の勃たない・中折れの原因

40代・50代と同じく年々減少する男性ホルモン(テストステロン)と、日々のストレスや疲れが男性の更年期障害という形となって体の不調になります。更年期障害にはEDの他に持ち越す疲れ、無気力、不安感、イライラ、発汗など、身体的・精神的に様々な症状があります。 60代では、2人に1人がEDだと言われています。 しかしその反面、70歳になっても20代と変わらない活力を持ち若々しさに満ちている方も多くいらっしゃいます。 このぐらいの年齢になると、例えば普段からジョギングやジムに通って積極的に運動をされている方と全く運動する機会のない方、普段からバランスの良い食生活を心がけている方とお酒や偏った食事を好む方など、これまでの経験や積み重ねによって生活習慣そのものが極端に分かれます。 EDだけでなく身体の健康のために、生活習慣の見直しや健康食品の検討は重要でしょう。

60代以降で勃たない・中折れするときの解決策

60代以上の男性は2人に1人以上が中等度以上のEDと言われていますが、実は60代以降の男性ではEDに対して深刻に悩んでいる方は意外と少ないようです。この理由として、年齢的に諦めている、仕方ないと考えている方が多くいらっしゃるのが大きいようです。 しかしテストステロンの減少率は本来かなりゆるやかなので、60歳以上でも十分な活力を維持するのは十分可能です。 最近では、性への悩みはなくとも健康のためにということで、精力剤を含む健康食品を使う方が急増しているようです。ほとんどの精力剤では男性ホルモンの分泌を促したりや血のめぐりをよくする栄養成分が使われているので、健康維持という目的でもおすすめです。

また、ジョギングなどの軽い運動はEDにも良い効果をもたらすとされています。精力剤には筋力増強に有効なアミノ酸が使われているものも多いので、この2つを習慣化することで相乗効果が期待できます。

↓該当項目までスクロールします↓

 

EDの改善方法・解決策を知ろう

「EDをなんとかしたい!」と思い立った場合、まず【病院に行く必要がある方法】【病院に行かなくても良い方法】の2つに分けられます。 病院での治療法は主に「ED治療薬」「ICI治療薬」「体外衝撃波療法」の3つ、病院に行かなくても良い方法として「精力剤を飲む」があります。

バイアグラなどの「ED治療薬」

EDやインポテンツと聞くと「バイアグラ」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。私自身、中折れで悩みはじめたときはEDという言葉も知らかったのですが、バイアグラは聞いたことがありましたし知名度は圧倒的な印象です。 バイアグラはED治療薬と呼ばれる医薬品のひとつで、他にレビトラやシアリスなどがあります。服用してから30分~1時間ほどで勃起できるようになり、即効性と効果の高さに優れてます。 ただし治療薬という名前に反してその効果は一時的で、根本的な治療ができるわけではなく、セックスの度に事前に服用する必要があります。 また、正しく使えば安全な薬ですが、副作用の可能性が高く、持病や服用している薬によっては使えないことがあります。そのため専門医の判断の元で処方してもらうことが大切です。

自己注射で使う「ICI治療」

ICI治療はペニスに直接注射する治療法です。注射というとものすごく抵抗がありますが、痛みなどはほとんどないようで、はじめに専門の病院で使い方を指導してもらった後は自己注射で使います。 5~10分程度で効果が現れ、即効性に優れています。ED改善の選択肢のひとつというよりは、持病や服用薬によってED治療薬が処方できない場合に使われる「ED改善の最後の砦」といった位置づけです。 ED治療薬と同じく根治治療ができるわけではなく、セックスの度に使う必要があります。また海外では安全な治療法として広く使われていますが、日本では未承認の治療法のため扱いのある病院が少ないです。あと非常に高価(1回分およそ1万円)なこともあって、かなり敷居が高いです。

新しい治療法「体外衝撃波療法」

体外衝撃波療法とは、低出力の衝撃波で血管に刺激を与えて毛細血管を増やすことで血流を良くし、血流障害によるEDを治すという新しい治療法です。痛みや副作用もほとんどなく、病院でしてもらえる治療法としては唯一根治治療が可能です。即効性はないので2~3ヶ月ほど通院する必要があります。 理想的な治療法ですが、設備がある病院が少ないのでどこでも受けられるわけではなく、またICI治療を上回るほど高価で、治療終了まででおよそ30~40万円かかります

安全性が高く手軽な「精力剤」

精力剤はED治療薬と混同されることも多いのですが、一般食品の素材や成分を使い、更年期以降の男性の性機能増強を目的として作られている商品です。一部には医薬品のものもありますが、多くは健康食品として販売されています。 副作用の心配がないことや使用に制限がないことから、近年注目を浴びています。もちろん病院に行く必要もありません。精力剤の質や成分量も年々良くなっており、健康食品ブームも手伝って、ED対策に限らず健康維持の目的でも使う方が増えています。 血流を良くする作用のある「アルギニン」や精子を活性化させる「亜鉛」などが使われたものが多く、体の不調を根本的に見直せるという特徴があります。そういったことから一度実感が得られれれば長く持続し、長期に渡って使い続ける必要がないというメリットもあります。結果的にED治療薬と比べても安く済むことがほとんどです。 欠点としては、精力剤は健康食品であることから実感が得られるまでの使用期間、体への影響の大きさ、使われている素材が精力剤ごと違うので相性の良し悪しがあるなど、とにかくあらゆる要素に個人差が出やすいことです。 とはいえ先にも書いた通り最近のサプリメントは年々質が上がっていますので、「誰が飲んでも実感が得られないような商品」は減っていますし、当サイトではそういった低品質な商品は掲載しないことにしています。

私の中の健康食品のイメージを180°変えたのが精力剤

管理人が初めて精力剤を使ったとき」でもお話ししていますが、私は病気によるショックとストレスでEDとなったため、ED改善のために薬を使うのに抵抗がありました。専門の病院に行くのも恥ずかしくて抵抗があったので、不安を抑えつつ毎日自分に合った解決策を探していました。そのときに見つけたが精力剤です。 初めは「そんな都合のいい話あるわけない」と疑っていたのですが、詳しく調べていくうちに揺らぎはじめ、数々の葛藤を経てレッドドラゴンという精力剤を通販で購入しました。規定よりもかなり少ない量から使いはじめ、副作用や体調に神経を尖らせていましたが、結局のところ副作用らしい不調もなく、1ヶ月ほどで朝立ちするようになり、2ヶ月を過ぎる頃にはセックスに支障がない程度に持ち直せていました。 正直なところそれまでの私は、サプリメントを日常的に飲んでいる人には失礼ながら「健康オタク」「神経質」みたいなイメージを持っていたのですが(ホントに失礼…)、実際に自分が健康食品にに助けられて、考え方が180度変わりました。健康食品は気休めやプラシーボ効果だけのものではなく、ちゃんとしたものを選べばしっかりと体に働きかけてくれるんだということを思い知りました。 こういった自分の経験もあって、EDに悩む方には私はまず精力剤をおすすめしています。私が専門の病院に行くのが恥ずかしかったからというのもありますが、EDは単に性機能だけの問題ではなく "体の健康度" とも大きく関係しているので、EDのために精力剤を飲むことは、結果的に大きな病気を防ぐことに繋がると個人的に考えています。

精力剤のメリット

精力剤を使うメリットをまとめてみました。

  • 病院に行かなくていい
  • 「飲むだけ」という手軽さ
  • 副作用の心配がほぼない
  • 持病や服用薬による制限がない
  • 根本から見直せる
  • 飲み続ける必要がない
  • 健康維持にも活躍

これだけのメリットがあります。とにかく健康食品で副作用や制限がないというのが最大の魅力ですね。 少し前までは健康食品と聞いてもピンときませんでしたが、最近では病気の予防や健康への関心が高まっていることもあって、お得に買える通販のサプリメントは特に人気のようです。

精力剤のデメリット

そんな精力剤ですがいいことばかりでもありません。精力剤のデメリットも挙げておきましょう。

  • 個人差が出やすい</

li>

  • 即効性はない
  • 市販の精力剤はイマイチ…?
  • 商品の良し悪しの見極めが難しい

「個人差が出やすい」「即効性はない」というのは、薬ではない手軽なサプリメントである以上どうにもならないところでもあります。 ただし先にも書いた通り、科学的根拠に基づいてしっかりと作られた精力剤であれば安全性と信憑性は高いです。

精力剤の安全でお得な利用方法

狙い目は通販限定の精力剤!公式通販なら安全性も◎

個人的におすすめなのが精力剤のメーカーから直接買う方法です。 私も公式サイトの通販を利用していました。 店頭に並んでいる商品は問屋などを経由していることも多く、店頭に並ぶ頃にはマージン(儲け)分が上乗せされて値段がつけられています。しかし公式通販の場合は、メーカーと消費者の直接取り引きになるため、商品本来の金額で買えるのでかなり安くつきます。

最近では「人気精力剤が安く買える」等と謳って、コピー品や粗悪品を送りつける詐欺が増えているようです。こういった事例は金銭面の被害だけでなく、送られてきた商品を飲むと重大な副作用など健康を害する可能性があります。安い!効く!などの煽り文句に騙されないようご注意ください。

定期購入の条件やキャンセル時期に注意

通販の商品に多いのが定期購入定期コースと呼ばれる、決まったサイクルで自動的に商品を送ってくるシステムです。 本の定期購読は昔からありますが、同じような仕組みです。 精力剤でも定期コースを用意しているメーカーは多く、大幅な割引や送料無料などの特典をつけているところ多いです。 精力剤はある程度飲み続ける必要があるため、消費者の立場から言っても定期コースを利用するのがお得です。その際に注意が必要なのが「定期コースの継続条件」と「キャンセル受け付け期間」です。 中には条件を複雑化し、半ば無理やり商品を送りつけてくる悪質なメーカーもあるので注意が必要です。

心配なら返金保証のある精力剤がおすすめ

精力剤には返金保証があるものがあります。商品を使って全く実感が得られなかった場合や体に合わなかった場合に、決められた期間内であれば納品書やパッケージを返送することで商品代金が返金されるシステムです。 返金される際には送料や事務手数料が引かれるため、全額そのまま返ってくることはなかなかありませんが、目安としておよそ7~8割くらいは返ってくることが多いです。 返金保証をつけているメーカーは商品に自信があるので品質にも期待できますし、ダメだった場合にも返金されたお金で次の精力剤やED治療薬を検討できるので、特に初めて精力剤を買うという方には返金保証のある精力剤がおすすめです。

更新日:

Copyright© 男の自信 , 2017 All Rights Reserved.