EDは自力で治せます!病院に頼らない方法と3つのポイント

更新日:

「最近勃つまでに時間がかかってしまう」
「セックス中に射精してないのにしぼんで(中折れ)しまった…」
「射精したときなにか物足りないような…」

特に中年以降、このような悩みをもつ男性は多いです。

こういった勃起の不調はED(勃起不全)と呼ばれ、加齢や生活習慣、過度のストレスによって起こります。
また、40代や50代で経験すると「歳のせいだから仕方ない…」と諦めてしまう方も多いのですが、加齢だけのせいでEDになったという例は実は少ないんです。

EDは初めに自覚できる生活習慣病とも言われていて、放置していると他の病気に発展してしまう場合もあります。

関連記事:EDを放置すると危険!?EDの自然治癒と正しい治療法について

EDを自覚した方が次に気になってくるのが、「EDは自力で治せるか?」というところだと思います。

「バイアグラなんかも気になるけど薬には抵抗がある」
「副作用が気になって…」
こんな悩みもよく耳にします。

結論から言うと、EDはほとんどの場合、自力で治せます
バイアグラなどのED治療薬を使うのもひとつの選択肢ですが、安易に薬を使うのは危険なこともあります。

このページではEDを自力で治すことのメリットとデメリットを知って頂き、ご自信に最適な治療法を見つける手助けとなれればと思い作成しました。
必要のないところは飛ばしながらも結構ですので、ぜひ最後まで読んでみてください。

EDは自力で治せる?

自力でのED改善を目指せるかどうかは、EDの原因(種類)によって変わってきます。

自分で治せるEDと専門の病院に頼った方がいいEDの区分を知っておきましょう。

EDの種類と原因を知ろう

EDの症状は人によって様々ですが、原因も人によってそれぞれ違います。

EDは症状の種類や重さでは区別されず、EDとなった原因によって分類されます。
まずはEDの種類を知っておきましょう。

・機能性(心因性)ED
過度のストレスやショックによって起こる精神的要因のEDです。

・器質性ED
加齢による男性ホルモンの低下、および生活習慣の乱れによって勃起する力が弱まって起こるEDです。

・混合性ED
心因性と器質性の両方が原因となっているEDです。

・薬剤性ED
薬の副作用によって引き起こるEDです。

このうち薬剤性EDについては、服用している薬(副作用)が原因となっているので自力ではどうすることもできません。 薬によってはED薬との併用もしてはいけないものもありますので、薬を処方されている医師にご相談ください。

自力で治せるEDは「器質性ED」と「混合性ED」

上記4つのうち器質性ED、および心因的要因が弱い場合の混合性EDは自力で治せる可能性があります。

器質性EDは男性ホルモンや血行の悪さによって勃起する力が弱まり、勃起しようとする力が、勃起を妨げる酵素(ブレーキの役割)に負けてしまっているのが原因です。

生活習慣の改善やサプリメントの栄養補給によってこれらの原因が解消できれば、病院や薬に頼らずに治せる可能性があります。

機能性(心因性)EDは治せない?

心因性EDは若い方でもなることの多いEDです。勃起機能には問題がないので意識的に治すのは難しいかもしれません。
治そうと焦れば焦るほど逆効果になってしまいます。

経験が浅いことによる緊張、過去のトラウマ(セックス中の失敗など)、過度のストレスなど人によって様々です。

リラックス、パートナーとの距離、カウンセリングなどで解消を目指す方が多いです。
放置することがリラックスに繋がるのであればそれもいいと思います。

過去のセックス時の失敗(トラウマ)やコンプレックスが原因などの場合はED薬もいいかもしれません。
ED薬は性的な興奮さえすればかなり高い確率で勃起できますので、勃起できるという感覚や実感を思い出すことで失った自信を取り戻せる可能性があります。

ED治療薬は扱いが難しく、制限も厳しいので、使いたい場合は必ずED専門のクリニックに行きましょう。
近くになければ泌尿器科のある病院でも大丈夫です。

また、栄養素のビタミンCには「抗ストレスホルモン」の合成を助け、ストレスを溜め込みにくくする効果があります。
食事やサプリメントで意識的にビタミンCを摂ってみることもひとつの方法です。

EDの原因と勃起の仕組みを知ろう

EDの機能に支障をきたす身体的な原因は大きく分けて2つあります。

EDを治すために、勃起の仕組みと器質性EDの原因について簡単に知っておきましょう。

1.加齢による男性ホルモンの低下

歳を追うごとに体の精力が衰えていき、勃起しづらくなるというのはイメージしやすいでしょう。

男性ホルモンの大半を占めるテストステロンは30代から減少をはじめ、これによる不調を男性更年期障害と言います。
ただし、テストステロンの減少量は年に1-2%ほどと言われていて、加齢のみがEDの原因となることは実は考えにくいです。

ストレスも関係しているので一概には言えませんが、器質性EDには次でお話しする血行不良も関わっている可能性が高いです。

2.生活習慣や食生活の偏りによる血行不良(血流障害)

男性が勃起するときの仕組みとして、性的な刺激(興奮)を受けるとまず脳が体内で一酸化窒素(NO)を分泌させる命令を出します。
一酸化窒素には血管を広げて血の流れをよくする働きがあります。

そして下半身に血液を集め、海綿体の毛細血管に血液が行き渡ることによってペニスが硬くなります
このとき分泌する一酸化窒素の量が少なかったり、血管や血の状態が悪いと血がスムーズに流れません。

その結果、勃起に時間がかかる・勃起できても硬さが十分でない・射精してないのにしぼんでしまうなどのED症状が起こります。

EDの大半がこの血流障害によるものと言われています。最近では血管性EDなどと呼ばれることも増えています。

EDを自力で治す方法

EDには男性ホルモンと血流が密接に関係していることが分かりましたね。血行については意外だと思われた方も多いかもしれません。
このことからEDの自己治療を目指すにはバランスの良い食事有酸素運動が重要です。

バランスの良い栄養摂取は血管を健康に保ち、体を内側から若々しくしてくれます。
有酸素運動はコレステロールを下げ、健康を維持する上であらゆるプラスの効果があります。

これらの対策を効果的にするためにサプリメントを併用する方も多いです。
日々の食生活では不足しやすい栄養をサプリメントで補うことで、ED対策を効率的にしてくれます。

EDのために作られているサプリメントを「精力剤」といいます。

食生活の改善

脂っこいものは血管の状態を悪くし、血の流れを妨げるというのはご存知の通りです。
また、日々の食事では不足しやすいと言われる必須ミネラルの中でも特に不足しがちな「亜鉛」は、精液の分泌や精子の運動性に関与している成分です。

摂取量が足りていないと精液の減少・精子の運動性の低下、男性ホルモンの低下に繋がります。
バランスの良い食生活といってもなかなか難しいのが現実です。

外食では栄養バランスまで考えられたメニューはほとんどありませんし、家での食事についても奥さんに「明日からバランスを考えて食事を作ってくれ」なんてなかなか言えません。そんな方にこそ精力剤がおすすめです。
1つのサプリで複数のEDに良い栄養素が効率よく摂取できます。

精力剤とは?一般的なイメージと違うことも多い精力剤のホント

有酸素運動

有酸素運動は余分な中性脂肪やコレステロールを減少させ、血管を健康に保ちます。
また健康的な新陳代謝・筋肉の維持は、男性ホルモンの分泌にも大きな影響を与えると言われています。

無理に激しい運動をするのではなく、無理のないペースでのウォーキングやジョギングでも十分に効果はあります。
またEDに効果的なトレーニングとしてスクワットが有名です。
スクワットは骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)という骨盤の底にある細かい筋肉を鍛えられます。

この骨盤底筋群が鍛えられることによってペニスに血液を留める力が強くなり、力強い勃起を長時間維持できるようになります。

EDのためのサプリメント「精力剤」について

精力剤は精力増強を目的として作られている薬剤やサプリメントのことです。
「薬」「副作用」といったマイナスのイメージをお持ちの方も多いですが、最近では副作用のない手軽なサプリメントのものが主流です。

薬のように飲んですぐというわけにはいきませんが、安全で長期的に勃起力をサポートできる手軽にできるアプローチとして人気があります

精力剤はEDに有用な成分がたくさん

精力剤は商品によって使われている原料、成分量が違います。

体内で一酸化窒素を発生させるアルギニン、精液の分泌や精子の運動に関与する亜鉛、アミノ酸が豊富に含まれているマカやクラチャイダムなどのハーブが使われているものが多いです。

これらの栄養補給によってEDの原因を根本的に見直せます。
一時的な効果にとどまるED薬と違って、安全で長期的なサポートが期待できます。

精力剤の選び方

精力剤は買うときにどこを基準に選んだらいいのかが分かりにくいです。

実際に管理人が精力剤を選ぶときに見ているポイントをご紹介します。

  • 信頼できるメーカーかどうか
  • 使われている原料
  • 有用成分の1日あたりの摂取量
  • サポート体制

特に品質を左右するのが原料と成分量です。 ここがいい加減な精力剤だといくら飲み続けても意味がありません。

精力剤によっては返金保証制度家族に知られたくない方への配慮も充実したメーカーが多く、後悔しない精力剤選びをするために見ておきたいポイントです。

管理人が満足した精力剤

私は中折れに悩んでいて、すぐにしぼんでしまうので挿入もままならない状態でした。 そういったときに精力剤のことを知り、実感できたのがレッドドラゴンという精力剤です。 副作用の心配がない原料、科学的根拠が十分な成分量など数ある精力剤の中でも屈指の品質です。 商品には90日間の返金保証があり、「ダメだったら返金されたお金で次を検討すればいい」と思えたのが決め手になりました。

ランキングリンク

-EDについて

Copyright© 男の自信 , 2017 All Rights Reserved.