精力剤を使うデメリットは?知っておきたい4つの注意点

更新日:

精力剤のメリットのページでもお話したように、精力剤は健康食品なことから、ED治療の第一歩としてとてもおすすめです。医薬品と違って制限がほとんどないので安心して使えますし、病院などに行かなくてもいいので気軽に買えるのも嬉しいところです。 ただし、そんな精力剤もメリットばかりではありません。 しっかりと納得した上で精力剤が使える(または検討できる)ように、このページでは精力剤のデメリットについて、詳しく解説しています。

精力剤のデメリット

  • 作用には個人差がある
  • 即効性はない
  • 市販の精力剤はイマイチ…?
  • 商品の良し悪しの見極めが難しい

精力剤のデメリットというと少し語弊があるものもありますが、デメリットに入れた理由は該当の項目で説明します。

精力剤の作用には個人差がある

精力剤のデメリットとして一番大きいのは、あらゆる要素に個人差が出やすいということです。精力剤は医薬品ではないため「万人に」「確実に」「効果がある」というわけにはいきません。 EDは人によって原因が違いますし、体質によって相性のいい成分・相性のよくない成分があります。こういったことから自分にあった精力剤が見つかるまでに時間がかかってしまうこともあります。 こんな特徴はあるのですが、最近では精力剤に使われる原料の含有量や組み合わせが科学的根拠(エビデンス)からしっかりと考えられていて、説得力のある商品も増えてきました。 例えば、これまで精力剤の定番と言われていたマカよりも、更に有効成分の豊富なクラチャイダムが使われている精力剤も増えていますし、特定の組み合わせで男性機能改善の効果があると検証されたランペップ、バイアグラの父とも呼べるノーベル賞を受賞したイグナロ博士が推奨するアルギニンなど、様々な有効成分がふんだんに使われている精力剤が増えています。 人によって極端な差も出にくくなってきているので、少し前までの精力剤と比べるとそれほど重要なデメリットでもなくなってきています。

即効性はない

精力剤はEDや男性の更年期障害の原因を根本から整えていくため、実感を得られるまでそれなりの時間がかかります。 EDの原因の大半は血流障害によるものだと言われていますが、血流障害は食生活などの生活習慣による影響が大きく、長い年月をかけて不調となってしまった血や血管の調子を栄養面から根本的にとなると、どうしても数日程度で整えることは難しいです。 実感が得られるまでの時間とそれが持続する時間の目安を、他の治療法と比較して表にしてみました。

名前 即効性 作用時間
精力剤 1ヶ月以上(目安)
ED治療薬 30分~1時間 4~6時間
ICI治療 5~10分 2~3時間
体外衝撃波療法 3ヶ月前後

多くの精力剤では実感が得られるまでの目安として、1ヶ月~3ヶ月程度は継続して使うことを勧めています。ただしED治療薬やICI治療の効果時間のような制限がないため、一度実感が得られれば長く持続します。 私の場合は1ヶ月ほどで朝立ちするようになり、2ヶ月を過ぎる頃には中折れもしなくなっていました。口コミを見ていてると「疲れを持ち越さなくなった」「体が軽くなった」程度なら1~2週間で実感している方も多いようですが、EDとなるとやはり1ヶ月以上は使い続けて様子を見たいところです。

市販の精力剤はイマイチ…?

精力剤のデメリットとは少し違うのですが、大事な話なのでここに組み込みました。 精力剤はコンビニやドラッグストアでもドリンクタイプのものなどが売っていますが、このような1回分で販売されているものはほとんど実感が得られません。 こういった商品は滋養強壮剤として疲労回復などを目的に販売されていますが、その多くはカフェインによる効果で、EDには全く期待できません。 その割に精力ドリンクは1本1000円以上するものもザラにあります。多くの市販ドリンクの中から仮に成分のしっかりしたものを探し出し、数ヶ月飲み続ければ実感が得られるのかもしれませんが、1本1000円とすると1ヶ月で3万円、3ヶ月では9万円にもなってしまいます。 これではコストパフォーマンスが悪く、精力剤のメリットも半減してしまいます。 店頭販売しているものは成分量以上の値段がついているものが多いです。店頭で扱っている商品自体も少ないので、コストパフォーマンスや選択肢の狭さから言ってもおすすめはできません。

商品の良し悪しの見極めが難しい

上記のような理由から、私がおすすめしているのは通販でメーカーから直接精力剤を買う方法です。 メーカーから直接買うので値段も安いですし、粗悪品やコピー品を掴まされることもないので安心です。 ただ、どの精力剤(メーカー)も公式サイトにはその精力剤のおすすめポイントがこれでもかと言うほどずらっと書いてあるので、どこを基準に選べばいいのかというのが掴みづらいです。 一見良さそうな精力剤に見えても、それほど科学的根拠がしっかりしていない低品質な精力剤も数多くあるのが現状です。 具体的には使われている原料、含有量、組み合わせ、製造環境、それに対する価格を見て判断するのですが、ある程度の専門的な知識がないと見極めるのは難しいところはあります。

精力剤のデメリットまとめ

精力剤の6つのメリット」では健康食品であることが最大の強みだと書きましたが、デメリットにおいてもサプリメントである性質によるところが大きいです。 万人に効果があると言い切れないのも時間がかかってしまうのも、すべては医薬品ではないためです。 副作用がないことや根本的に見直せることから、トータルで見れば健康食品であることは個人的にはデメリットよりもメリットの方が大きいと思っています。 良し悪しの見極めが難しいことについては、目的別に最適な精力剤を提案するためにご用意しているランキングを活用ください。 販売・製造しているメーカーの調査から精力剤の原料・含有量について徹底的に調べ、巷での口コミや評判まで考慮して選んでいるので、精力剤についてよく分からないという初心者の方でも安心して使えるような精力剤のみを紹介しています。

ランキングリンク

-コラム

Copyright© 男の自信 , 2017 All Rights Reserved.