精力剤に期待できる効果|メリットの多い強壮剤を解説

更新日:

精力剤は加齢によって衰えた精力を取り戻すために使う薬やサプリメントです。

精力剤にはいくつかの分類がありますが
共通して言えることは、

  • 性機能の増強
  • 血流改善
  • 疲労回復
  • 滋養強壮

これらを目的として作られているということです。

精力剤には薬(医薬品)のものとサプリメント(一般食品)のものがありますが、当サイトでは安全面(副作用)、体調を根本的に整えられるというメリットから、サプリメントのものを中心にご紹介しています。

このページでは強壮剤とも呼ばれる精力サプリについて、詳しく解説していきます。

 

精力剤に期待できる効果

男性が精力的な衰えを自覚するのは、やはり勃ちの悪さでしょう。

中折れ・硬度不足・勃つまでに時間がかかる・体が気持ちについてこない

こういった性機能の不調は、血行不良や男性ホルモンの低下など、加齢や生活習慣による体内の不調が原因です。

体内の不調を整えるため、血行を良くする栄養素、男性ホルモンの分泌を促す成分などで作られているのが精力剤です。

イメージとしては、体の内側から本来の若々しさを取り戻すという考え方です。

 

精力剤に多い勘違い

精力剤に、極端な即効性や媚薬のような効果があるイメージを持っている方も少なくありません。

これらは中国産の精力剤(大半が違法ドラッグ)や、バイアグラなどのED治療薬から広まったものと思われます。

特に勃ちの悪さについては「バイアグラ飲めばいい」と安易に考えている人も多いですが、バイアグラは根本的な解決はできません。

男性は常に勃起しっぱなしにならないよう、ブレーキの役割を持つ「勃起を妨げる酵素」があります。
この酵素の働きを一時的に妨害し、弱い力でも勃起できるようにするのがバイアグラです。

性欲増大、快感度アップ、更年期や加齢による不調の改善。
バイアグラはこれらの希望にひとつも答えてくれません。

勃起の不調には重大な病気の前兆が隠れていることもあります。

放置すれば大変なことになりますので、安易にバイアグラに頼るのではなく、精力剤や生活習慣の見直しで体を持ち治せるようにしましょう。

ちなみに「性力剤」「性欲剤」「精欲剤」など似た名前がありますが、これらはすべて精力剤の誤用や誤変換だと思われます。

 

精力剤はどんなときに使うの?

薬ではないので使うべき明確なタイミングがある訳ではないのですが、 強いていえば悩み始めたときが使いどきです。

  • 勃起するまで時間がかかる
  • 途中でしぼんでしまう「中折れ」
  • 勃ってるのに硬さが足りない
  • 射精時の物足りなさ

このほか、男性更年期障害の諸症状の対策としても使えます。

「たまに中折れする」程度の人と、「興奮しても勃たない」人では体の状態も全然違います。
もちろん、取り戻すまでにかかる時間も変わってきます。

なにごとにおいても対処が早い方がいいというのは、精力剤についても当てはまることでしょう。

 

精力剤はどんなものが使われてるの?

精力剤(強壮剤)の原料と言えば赤まむしやスッポン、オットセイエキスなどが主流でした。

でも最近では、これらの素材には精力的効果はあまりないという意見も多いです。

これらの素材は、生態的に繁殖力が強いことから「精力の象徴」として取り入れられてきましたが、科学的に分析すると、人間の性欲や精力が増強できるような成分は含まれていないということです。

その後、高価な精力剤を中心に広まったのがマカをはじめとする植物系原料です。

最近ではマカを更に上回る精力素材として話題のクラチャイダム、男性力の源とも呼ばれる亜鉛、生活習慣の乱れによる勃起の不調を助けるアルギニンなどのアミノ酸など、科学的根拠(エビデンス)のある様々な原料が採用されています。

 

質の悪いものも多い

 

店頭で気軽に買える市販品は、未だにスッポンや赤まむしをウリにしている精力剤や栄養ドリンクも多く、そんな商品が1本1000円以上で販売されているのが実情です。

こういった商品に騙されることなく、しっかりと作られた精力剤で精力を取り戻し、男として自信に満ちたハツラツとした日々を送りましょう。

【本当に取り戻せる精力剤ランキング】

 

精力剤の基本

ランキングリンク

-精力剤の基本

Copyright© 男の自信 , 2017 All Rights Reserved.