精力剤とは?精力剤の定義と分類について解説

更新日:

精力剤と一括りに言っても、人によってイメージはまちまちです。

「精のつく食べ物」と言われるように活力の沸くもの、夜の生活面で元気になるビンビン系、身体によさそう、身体に悪そう…いろんなイメージがあると思います。

大体は「セックスの直前に飲むドリンク剤」と捉えている方が多い印象です。

インターネット百科事典として有名なウィキペディアでは、精力剤について以下のように書かれてます。

精力剤とは、主に更年期以降における男性を対象とした、性機能増強のための薬剤及び一般食品の俗称。(引用元:精力剤|ウィキペディア

要は加齢による性機能の衰えを感じたときに、それを持ち直すために使う薬やサプリメントということですね。

このページでは精力剤の基本と分類について知っておきましょう。

>>本当に効く精力剤の選び方はこちら

 

精力剤とは?

冒頭でも書きましたが、男性が加齢によって衰えた精力を持ち直すために飲む薬やサプリメントのことです。

中高年になって勃ちが悪くなったり、中折れするようになったり、勃起時の硬さが不十分だったり、そういった不調や物足りなさを感じた方が使います。

性機能増強と書かれていますが、身体のメカニズム的に深く関係していることから、体力面の衰えにも作用します。

若い方の中には「精力剤は飲んだら絶倫になれる」みたいなイメージが広まっていますが、そういった媚薬的のような極端な効果はありません。

 

精力剤の分類

有名な精力剤専門店「あかひげ薬局」では、精力剤を強精剤・強壮剤・勃起薬の3つに分類しています。

 

強精剤(性ホルモン剤)

強精剤とは、男性ホルモンや女性ホルモンを主成分とした内服薬や塗り薬です。

足りない性ホルモンを補うことで、性機能障害や更年期障害を改善します。

 

強壮剤(漢方系滋養強壮剤)

強壮剤には、身体に必要な栄養素や滋養強壮に効果のある成分が使われています。

健康維持に必要な栄養素を十分に補うことで、身体の元気を保ちます。

医薬品のものもありますが、栄養素を補うという考え方からサプリメントのものも多くあります。

 

勃起薬(主にヨヒンビン製剤)

男性の性機能の悩みの代表である勃起不全(ED)を治すための薬です。

ヨヒンビンなどの劇薬が使われていて、作用の強い医薬品です。

副作用もあり、取り扱いには注意が必要です。

 

ED治療薬(バイアグラ)と精力剤

有名なバイアグラをはじめとするED治療薬を、精力剤に含めるかどうかも人によって違います。
バイアグラも精力剤の一部という意見も、その逆の意見もあります。

当サイトでは「バイアグラはED治療薬であり、精力剤とは別物」という考えで掲載しています。

参考としてご紹介したあかひげ薬局でも、精力剤とED治療薬は分けて考えておられるようです。

とはいえ、精力剤を選んだり使ったりする上で、分類や区分はあまり気にしなくても大丈夫です。
(薬かサプリメントかは確認しておきましょうね)

 

副作用もなく安心して使えるのは強壮剤

当サイトでは3つの分類で「強壮剤」に当たる、サプリメントの商品を中心にご紹介しています。

副作用がほとんどなく、精力面以外でも体に良いものが多いのが理由です。

薬ではないので即効性はありませんが、体に無理なく精力増強が目指せるのは大きなメリットでしょう。

【本気で精力増強したい方のための強壮剤ランキング】

 

 

ランキングリンク

-精力剤の基本

Copyright© 男の自信 , 2017 All Rights Reserved.